雪肌精 雪肌粋

雪肌精ホワイトBBクリームと雪肌粋BBクリーム違いは何?

 

ガッキー(新垣結衣さん)がイメージキャラクターのコーセーの雪肌精(せっきせい)BBクリーム。それと、名前もパッケージもそっくりの雪肌粋(せっきすい)BBクリーム。

 

違いは何?と疑問に思ったので調べてみました!

 

雪肌精ホワイトBBクリームと雪肌粋BBクリーム比べてみた!

 

雪肌精

ホワイトBBクリーム  

雪肌粋

パーフェクトBBクリーム

おすすめ年代 20代、30代前半 10代、20代前半
ブランドの特徴 コーセーのロングセラー薬用美白化粧品シリーズ  コーセーとセブン&アイ共同開発スキンケアブランド
商品の特徴 和漢植物エキス配合、スキンケアしながらシミ・くすみを自然にカバー毛穴などの凹凸や色ムラまで補正 和漢植物エキス配合、スキンケアしながら、シミ、くすみを自然にカバー。
配合和漢植物エキス ゲットウヨウ、ベニバナ、ハトムギ、メロスリア、トウキ、ボタンピ(※ホワイトBBクリームモイストに配合) ハトムギ
金額 2,600円(税抜) 1,200円
日焼け止め効果 SPF40/PA+++ SPF50+/PA++++
内容量 30g(約60回分) 30g(約60回分)
色展開 2色 2色

 

雪肌粋(せっきすい)パーフェクトBBクリームは、コーセーとセブン&アイと共同開発スキンケアブランド雪肌粋(せっきすい)のBBクリームです。セブンイレブンや イトーヨーカドー、セブン&アイの総合通販サイト「オムニ7」で購入できる、とってもリーズナブルなプチプラBBクリームです。

 

大きな違いは、配合成分と価格に比例した仕上がりの差ですね。雪肌粋パーフェクトBBクリームは、毛穴補正、しっとり感などが、雪肌精ホワイトBBクリームに比べて劣りますが、お肌がピチピチした10代、20代前半のお肌には、コスパの良い人気のBBクリームです。

 

@コスメで評価が高い雪肌精ホワイトBBクリーム

 

雪肌精BBクリームと雪肌粋BBクリーム違いは何?

 

≫雪肌精公式サイト

 

ロングセラー美白化粧品シリーズの雪肌精(せっきせい)は、イメージキャラクターであるガッキー(新垣結衣さん)のCM効果もあり、圧倒的知名度とコーセーブランドの安心感から、@cosme(アットコスメ)の中でも評価の高いコスメです。

 

@cosme(アットコスメ)での雪肌精(せっきせい)ホワイトBBクリームでの口コミ数を調べてみましたが、多くのコスメの口コミが、2桁、人気のあるコスメで3桁という中、雪肌精ホワイトBBクリームは、4桁、1,000件以上と驚異的な口コミ数でした。

 

これだけ口コミ数が多いと、悪い評価も多いのですが、雪肌精ホワイトBBクリームは、平均評価も非常に高いです。

 

雪肌精BBクリームと雪肌粋BBクリーム違いは何?

 

「テカりやすい」「崩れやすい」などの、マイナス評価の口コミもあるのが気になりますが、皮脂が出やすいタイプの方、肌トラブルのある方以外には、とても評判の良いBBクリームのようですね。

 

雪肌精ホワイトBBクリームと雪肌粋BBクリームどっちがおすすめ?

 

肌トラブルもないキメの細かい、肌荒れのない健康的なお肌であれば、どっちを使ってもよいでしょう。

 

口コミを見ると、雪肌粋パーフェクトBBは、20代後半の方には、イマイチと感じる方が多く、お肌の衰えを感じてきた感じたらプチプラBBは、限界なのかもしれません。

 

毛穴などの凹凸や色ムラまで補正する雪肌精ホワイトBBクリーム

 

雪肌精ホワイトBBクリームには、20代から30代前半のまだ、シミもくすみもそれほど気にならないお肌向けのBBクリームです。

 

雪肌粋パーフェクトBBにはない、毛穴などの凹凸や色ムラまで補正する機能で、20代後半から感じるお肌の衰えをカバーします。

 

毛穴の凸凹、色ムラ補正の機能が欲しい方には、雪肌精ホワイトBBクリームのほうがいいでしょう。

 

また、雪肌精ホワイトBBクリームには、しっとりタイプのホワイトBBクリームモイストがあるので、乾燥が気になる方、季節で乾燥肌になる方にはモイストが選ばれ、喜ばれているようです。

 

雪肌精BBクリームと雪肌粋BBクリーム違いは何?

 

くすみ肌、ニキビ肌、敏感肌には雪肌精ホワイトBBクリームは向かないかも

 

口コミを見ると、肌のくすみが気になる年代30代後半から、肝斑やシミなどが気になるようになってきた40代以上のお肌には、色補正も限界があるようですね。また、テカりやすい、肌荒れしやすいなど、乾燥肌や、敏感肌、インナードライ気味の肌には、合わなかったという声も多いようです。

 

30代後半以上のくすみがちのお肌にはアヤナスASBB、肌トラブルのあるお肌には、HANAウエアルーUVが、管理人の実体験からおすすめ!検討してみるといいですよ。

 

▼管理人辛口レビューはコチラ
≫アヤナスASBB辛口レビュー
≫HANAウエアルーUVレビュー

 

日焼け止め効果で選ぶなら雪肌粋パーフェクトBB?

 

雪肌精BBクリームと雪肌粋BBクリーム違いは何?

 

≫雪肌粋公式サイト

 

  • 雪肌粋パーフェクトBBクリームは、SPF50+/PA+++++
  • 雪肌精ホワイトBBクリームは、SPF40/PA+++

 

日焼け止め効果で比べてみると、雪肌粋に軍配ががります。

 

日焼け止め効果で選ぶなら、雪肌粋パーフェクトBB!と単純に考えてしまいますが、SPF値は、高いとそれだけ肌に負担になるんですね。

 

肌に優しい紫外線対策成分といえば、無添加BBクリームなどに使われている「紫外線反射材」です。

 

紫外線吸収剤と紫外線反射材

 

紫外線吸収剤は、紫外線のエネルギーを吸収し、肌の上で、化学反応させ、肌に紫外線が吸収させないようにするものです。

 

つまり、日焼け止めを塗っている間、ずっと肌の上で化学反応が起きているので肌に負担となり、日焼け止めによる肌荒れの原因になっているんですね。

 

紫外線反射材は、紫外線を反射・散乱させて皮膚を防御します。紫外線散乱剤は紫外線吸収剤のように化学変化で紫外線を処理しないので、肌には優しいです。

 

雪肌精ホワイトBBクリーム、雪肌粋BBクリームのどちらも日焼け止め対策成分には、紫外線吸収剤が使われています。

 

紫外線吸収剤は、このように、肌荒れを起こしやすいというデメリットがありますが、雪肌精ホワイトBBクリームには、中国など、古来から、健康や美容に使われている和漢植物エキスが、雪肌粋パーフェクトBBよりも豊富に含まれているので、紫外線吸収剤のデメリットをカバーしています。

 

敏感肌の方には、紫外線反射材を使う無添加BBが安心

 

雪肌精ホワイトBBクリームは、美肌に良い和漢植物エキス配合BBクリームですが、敏感肌の方、乾燥肌、インナードライ、アトピーなど肌荒れのリスクのある方は、紫外線吸収剤不使用、紫外線反射材で紫外線対策する無添加BBクリームや無添加CCクリームのほうが良いかもしれません。

 

 

【関連記事】雪肌精ホワイトCCクリームと米肌澄肌ホワイトCCクリーム比べてみた!

 

 

まとめ

 

雪肌精ホワイトBBクリームと雪肌粋BBクリーム違いは、価格に比例した仕上がりと効果です。

 

「雪肌粋」は、セブンイレブンとの共同開発により、コンビニで購入しやすいコスパが魅力の和漢植物エキス配合美肌スキンケアができるブランドです。プチプラの中では、コーセーとの共同開発が安心感ありますね。

 

プチプラBBでは、対応できないと感じるかたには、毛穴の凸凹、色ムラ補正の機能が欲しい方には、雪肌精ホワイトBBクリームです。くすみやシミが気にならない30代前半までのお肌には評判のいいBBクリームです。

 

 

 

 

page top