すっぴんメイク 40代

40代向けのすっぴんメイクにおすすめ下地BBクリームとメイク法

 

すっぴんメイクが流行っていますが、30代後半から40代の方は、雑誌やネットで紹介されている若い方向けの方法でメイクするとシミが目立ってメイクに無頓着な品のない感じになってしまいます。

 

上品に見えるおすすめ商品とメイク法を紹介します。

 

くすみを消すBBクリーム

くすみが気になるお年頃、40代のすっぴん風メイクは、ファンデーション選びがポイントです。

 

すっぴん風メイクは、ファンデーションを使わず、下地クリームとなるBBクリームやCCクリームなどを使うと良いと言われていますが、40代前後のお肌には、保湿力とくすみを消してシミを目立たなくさせてくれるBBクリームがおすすめです。

 

CCクリームではなく、なぜBBと思われると思うのですが、BBは、もともと傷など目立たなくするためクリームであるため、カバー力が高いんですね。

 

一方CCクリームは、光の反射で肌色をコントロールするものなので、シミや肝斑などのあるお肌には、顔色は明るくなってもシミは目立ったままになってしまいます。シミやくすみのない方ならCCクリームでも問題ないのですが、シミや肝斑が多く、くすみがちのお肌の方はやはりBBクリームをおすすめします。

 

おすすめはアヤナスAS BBクリーム

 

アヤナスAS BBは、くすんだ肌や、シミ、毛穴の開きをひと塗りで目立たなくしてくれます。紫外線吸収剤、鉱物油不使用なので、付け心地も良く、本当に長時間そのままにしていても、スッピンでいるがごとく軽やかで肌に負担がながおすすめ。

 

よく、スッピン風メイクは、自分の肌よりも明るめのBBクリームや下地を選ぶようにと言われていますが、くすんだお肌の40代前後は、明るい色を選ぶとかえって、「お化粧している感」が出てしまったりします。

 

アヤナスAS BBは、どちらかというとくすんだ色をしているので、お肌の上にのせても、自然と肌に馴染んでとてもナチュラルな感じに仕上がります。

 

アヤナスAS BBについては、こちらのページでも詳しく紹介していますので参考にしてくださいね。

 

 

40代のすっぴんメイクはひと手間が必要

 

「すっぴん風メイクなのに、BBクリームだけじゃだめなの?」

 

そうなんです!ひと手間かけないと、シミやくすみ、テカリや毛穴が目立って、残念なメイクになってしまうんですね。

 

素顔っぽく見せたいと思ったら、シミや肝斑などをきれいに消した仕上がりが目標です!

 

シミや肝斑を消すすっぴんメイクのコツ

 

BBクリームを薄く塗る

BBクリームは、まず薄く塗ります。顔の一部分しか塗らないメイク法もありますが、くすみをきれいに消したいので薄く塗ってあげます。

 

シミや肝斑をファンデーションで消す

BBクリームを重ねて塗ると、厚ぼったくなったり、よれてしまってかえって厚塗り感が出てしまうので、小筆を使ってファンデーションで丁寧に消してあげます。

 

テカリ防止にミネラルファンデーション

最後に、Tゾーンにフェイスパウダー代わりにミネラルファンデーションを使います。ミネラルファンデーションは、無添加なのでシリコンも入っていないので、皮膚呼吸をきちんとしてくれます。

 

つけ心地が軽く、使用感もスッピンのように軽いです。

 

普通のファンデーションには、崩れにくくするためのシリコンが入っているのですが、このシリコンが皮膚に蓋をしてしまって、圧迫感の原因になっていたりします。

 

これで、眉をきれいに描いて、ブラウン系の口紅でスッピン風になります。

 

目を大きく見せたいと思ったら、まつ毛の際にアイラインをひいてあげると、はっきりとした目元になりますよ!

 

おすすめミネラルファンデーション

仕上げ用に使える筆がセットになったエトヴォスレイチェルワインなどのミネラルファンデーションが人気があります。

 

 

 

▼こちらのページでも詳しく紹介していますので参考にしてくださいね。

 

 

 

 

 

page top